スマートフォン用ページはこちら

オフィスにおける環境負荷低減

環境目標に対する取り組み

りそなグループでは、目標達成に向けたPDCA(Plan、Do、Check、Act)のサイクルを展開する環境マネジメントシステムとして、国際認証規格「ISO14001」を取得しています。※

  • ISO14001を取得している拠点:りそなホールディングス本社ビル、りそなグループ大阪本社ビル、埼玉りそな銀行本社ビル、OBPビル。

環境マネジメント目標の設定

りそな銀行・埼玉りそな銀行・関西みらい銀行では、本部各部に環境推進リーダーを任命。新商品開発、お客さま向け啓発、社内啓発などのジャンルで各部が自主的に環境保全に関する目標を設定し、積極的な取り組みを行っています。

りそなグループ環境方針

CO2排出量中期削減目標

「2030年SDGs達成に向けたコミットメント」の制定に伴い、2019年度より関西みらいフィナンシャルグループを含む、グループ全体の新たな中期削減目標として、「2030年度のCO2排出量を2013年度比26%削減」※を設定しました。

  • 日本の中期目標「2030年度の温室効果ガス排出量を2013年度比で26%削減」を踏まえて設定
新中期目標
  • グループ銀行のSCOPE1,SCOPE2のCO2排出量を省エネ法の定期報告書の基準に準拠して集計
  • 営業車両の燃料使用によるCO2排出は、年間の燃料費と公表されている全国の年間平均ガソリン単価、排出計数を用いて簡易的に計算

省エネルギー・地球温暖化防止活動

システムの集約や省エネ機器の導入、クールビズや早帰り運動の実施により、電力使用量の削減に取り組んでいます。また、営業用車両のハイブリッド車への切替えや電動アシスト自転車の導入により、ガソリン使用量の削減にも取り組んでいます。

省エネルギー・地球温暖化防止活動

環境研修

りそなグループでは、従業員を対象にeラーニングによる環境研修を定期的に実施し、環境問題への意識啓発を行っています。

グリーン購入・廃棄物削減

銀行は、業態の特徴として紙を大量に使用します。そこで、りそなグループでは、紙の使用量削減を重要なテーマに掲げ、グリーン購入・廃棄物削減に取り組んでいます。各種冊子やポスター等に、間伐紙や森林認証紙などの環境に配慮した紙の使用を進めるとともに、本部・営業店で業務上使用するコピー用紙は全量をグリーン購入法に適合した再生紙や環境配慮型用紙に切替えています。プリンターのインクトナーにもカーボンオフセットされた商品を採用しています。また、省資源・廃棄物削減の観点から、ペーパーレス業務運営を推進し、紙使用量の削除を図っています。

全店統一早帰り日の設定

全店統一早帰り日の設定
毎月第3水曜日を「りそな環境DAY」として早帰りを呼びかけています。各社本社ビルでは館内放送を流すなど、役員・従業員全員で積極的な取り組みを行っています。

グリーン電力の活用

りそなホールディングスは、株主総会の運営を「グリーン電力証書」の仕組みを活用したクリーン電力によって実施しています。この取り組みを通じて株主総会開催に伴う環境負荷低減を図るとともに、ご来場される株主の皆さまへ、環境問題に対して意識するきっかけをご提供しています。
グリーン電力の活用