スマートフォン用ページはこちら

SASB INDEX

りそなグループは、2020年より「米国サステナビリティ会計基準審議会(以下、SASB)」が提唱するスタンダードに基づく情報開示に努めています。りそなグループが注力する業務に基づき、SASBが分類する「資産運用・資産管理業務、商業銀行業務、不動産担保融資業務」より一部項目を抽出して開示しています。今後より一層、情報開示を充実させていきます。

社会関係資本

データの機密保護

開示
項目
No. 実績
情報の機密保護リスクの特定、対処方法の説明 FN-CB-230a.2

りそなグループは、「サイバーセキュリティ経営宣言」のもと、深刻化・巧妙化するサイバー脅威に対し、経営主導によるサイバーセキュリティ対策の強化を図っています。また、脆弱性への対処をするため「個人情報保護宣言」のもと、情報の取り扱いに関する方針・組織体制・ルール、および情報の保護に向けた各種の取り組みについて、継続的に見直しを行い、改善と向上に努めます。

詳細は下記をご覧ください。

サイバーセキュリティ経営宣言

個人情報保護宣言

人的資本

従業員のダイバーシティとインクルージョン

開示
項目
No. 実績
(1) 経営管理層、(2)非経営管理層、(3)専門家(プロフェッショナル)、(4)その他従業員における性別、人種/民族別の割合の状況 FN-AC-330a.1

りそなグループでは、従業員一人ひとりが考え方の違いをお互いに理解し、認め合い、高め合いながら、積極的に新たな気づきを得て価値創造につなげるべく、ダイバーシティ&インクルージョンを推進しています。女性活躍推進・多様な働き方を大きく後押しする様々な人事制度を実現しています。りそなホールディングスの役員のうち女性比率は20.0%(2020年6月時点)、社員のうち女性比率は47.1%(りそな銀行・埼玉りそな銀行・関西みらい銀行・みなと銀行/2020年3月時点)、ライン管理職のうち女性比率は30.4%(りそな銀行・埼玉りそな銀行/2020年4月時点)です。また、当グループの障がい者雇用比率は2.24%(2020年3月時点)です。

詳細は下記をご覧ください。

ダイバーシティ&インクルージョン

ESGデータ集

ビジネスモデル・イノベーション

投資管理とアドバイザリーへのESG要素の統合

開示
項目
No. 実績
ESG要素を投資もしくは資産管理プロセス/戦略に取り入れたアプローチの詳細 FN-AC-410a.2

りそなグループは、責任投資にかかる基本方針を定め、信託財産などの運用は投資先企業の財務情報に加え、ESGにかかる課題への対応を含む非財務情報についても十分に把握・分析し、中長期的視点から企業の価値向上や持続的成長を促しています。

詳細は下記PDF内のChapter1(P4-9)をご覧ください。

スチュワードシップレポート2019/2020 (PDF:11.5MB)

議決権の代理行使および被投資会社とのエンゲージメント政策、手続きについての説明 FN-AC-410a.3

りそなグループは、投資先企業のコーポレートガバナンス向上に重要な責任を負い、また、投資先企業を通じ、環境・社会に大きな影響を及ぼしていること、またそれらの変化は当社の運用成果にも影響を及ぼすものと認識しています。
このような認識のもと、内外株式を横断した「グローバル・ガバナンス原則」を制定し、内外株式それぞれの「議決権に関する行使基準」を定めています。

詳細は下記PDF内のChapter2-6(P10-53)をご覧ください。

スチュワードシップレポート2019/2020 (PDF:11.5MB)

与信分析へのESG要素の統合

開示
項目
No. 実績
与信分析へのESG要素の統合アプローチにかかる説明 FN-CB-410a.2

りそなグループでは、「融資業務における基本的な取組姿勢」を定め、持続可能な社会づくりに貢献するため、社会・環境に配慮した商品・サービスの開発・提供などを通じてお客さまの社会・環境問題への取り組みを積極的に支援しています。
また、環境面については大型プロジェクト等が環境に及ぼす影響やお客さまの環境に配慮した取り組みを適切に把握・評価するための体制・手続を整備しています。

詳細は下記をご覧ください。

社会的責任投融資に向けた取り組み

リーダーシップ・ガバナンス

企業倫理

開示
項目
No. 実績
内部告発者に対する政策、手続きの説明 FN-AC-510a.2

りそなグループの内部通報制度は、すべての従業員(家族や退職者を含む)が利用できる社外窓口・社内窓口のホットラインを設置し、通報した従業員に対する不利益な取り扱いを禁止、通報に関する秘密保持を徹底しています。 また、社内掲示ポスター、イントラネットなどに制度内容や連絡先を掲載し利用促進を図っています。

詳細は下記をご覧ください。

内部通報制度・会計監査等に係る不正の通報制度

システミックリスク管理

開示
項目
No. 実績
カテゴリー別のG-SIBスコア FN-CB-550a.1

2020年3月末現在、りそなグループは、G-SIBに選定されていません。

強制的、任意的ストレステスト結果の自己資本戦略、長期的企業戦略、その他ビジネス活動への反映方法の説明 FN-CB-550a.2

りそなグループは、健全かつ安定的な業務運営を継続していくうえで、「リスクに見合った十分な自己資本を確保することが極めて重要である」との考えから、適切な自己資本比率の水準を維持するよう自己資本管理を行っています。
また、経営戦略を策定する際には、りそなグループが社会に対して果たしていくべき役割を踏まえ、積極的にリスクテイクを行う事業領域を明確化しています。戦略の決定は、社外取締役が過半数を占めるりそなホールディングス取締役会において、多角的かつ十分な議論を経て行われます。その決定に基づき、執行部門は「資金・収益計画」「投資・経費計画」「人員計画」「リスク限度計画」「自己資本比率計画」などを策定します。
計画決定の際は、ストレステストなどを通じてリスクテイクが可能なこと、およびリスクコントロールが可能なことを確認しています。

詳細は下記をご覧ください。

自己資本管理