スマートフォン用ページはこちら

「第9回ネットワーク商談会IN大阪」の開催について

2018年10月19日

株式会社 関西アーバン銀行
株式会社 近畿大阪銀行
株式会社 みなと銀行
株式会社 埼玉りそな銀行

関西アーバン銀行(頭取 橋本 和正)、近畿大阪銀行(社長 中前 公志)、みなと銀行(頭取 服部 博明)、埼玉りそな銀行(社長 池田 一義)は、2018年11月2日(金)に全国の地域金融機関10行と共催で「第9回ネットワーク商談会IN大阪」を開催いたします。

全国各地の食の魅力が集結!

商談会には各地の特色ある食材を取扱う売り手企業91社と、関西圏を中心としたスーパー、百貨店などの買い手企業44社が集結します。事前に商談希望をヒアリングし個別に商談をセッティングすることで、成約率の向上を図り、有意義な商談をサポートします。

画像

過去最多となる金融機関14行が連携!

今回初参加となる「四国アライアンス※」をはじめ、過去最多の全国14行の地域金融機関が連携し、出展企業を募りました。商圏が異なる地域金融機関が連携し、新たな商流を創出することを通じて、お取引先企業や地方の魅力あふれる企業の「食」に関するビジネスマッチングを後押しし、地域経済の活性化につなげます。

  • 阿波銀行・百十四銀行・伊予銀行・四国銀行が、それぞれの強みやノウハウを結集し四国創生に向けて取り組む包括提携

【商談会概要】

イベント名 第9回ネットワーク商談会IN大阪
開催日時

2018年11月2日(金)10:30~17:00

開催場所

マイドームおおさか 1階 展示ホールA(大阪市中央区本町橋2-5)

主催

関西アーバン銀行、近畿大阪銀行、みなと銀行

共催

埼玉りそな銀行、大垣共立銀行、第四銀行、トマト銀行、百五銀行、福井銀行、北越銀行、四国アライアンス(伊予銀行、阿波銀行、四国銀行、百十四銀行)

売り手企業

91社(予定)

買い手企業

44社(予定)

主な出展商材

地域の特産物等を使った水産加工品や乾物などの食材、食品

PDF版をダウンロードする