スマートフォン用ページはこちら

関西みらいフィナンシャルグループ 新たな中期経営計画策定に関するお知らせ

2020年5月12日

株式会社 関西みらいフィナンシャルグループ

株式会社関西みらいフィナンシャルグループ(以下「当社」)(社長 菅 哲哉)は、2020年度からの3年間を新たな計画期間とする中期経営計画(第2次中期経営計画 Change Gears for "Kansai"、以下「第2次中計」)を策定しましたので、お知らせします。

当社は、2018年度から2020年度を計画期間とする中期経営計画(第1次中期経営計画 Create the "Future")を推進してまいりました。

その計画期間中、地域金融機関を取り巻く事業環境は、マイナス金利の長期化、金融行政における規制緩和、他業態による金融ビジネスへの参入など、計画策定時から大きく変化しました。

当社においては2019年4月の株式会社関西みらい銀行(以下「関西みらい銀行」)の発足、2019年10月の関西みらい銀行における事務システム統合を予定通り完了し、統合・合併効果を具現化する体制が整いました。

こうした環境変化にいち早く対応するとともに、株式会社りそなホールディングスとも中期経営計画の計画期間を同期させることで更なるグループシナジーの発揮を推進するため、1年前倒しで第2次中計を策定しました。

本計画の実行を通じ、お客さまからなくてはならないと思っていただける金融グループの実現に取り組んでまいります。

  • 第2次中計の詳細は、添付PDF「第2次中期経営計画 ~Change Gears for "Kansai"~」をご参照ください。
PDF版をダウンロードする