スマートフォン用ページはこちら

株主還元

株主還元については、還元拡充を着実に実現してまいりました。2020年度においては、普通株式1株当たり21円(中間配当10.5円及び期末配当10.5円)の配当を継続致しました。

2021年度における普通株式に対する年間配当は、普通株式1株当たり21円(中間配当10.5円及び期末配当10.5円)とする方針です。

今後も中期経営計画の株主還元方針に基づき、安定配当を継続するとともに、健全性・収益性とのバランスや成長投資の機会を考慮しつつ、株主還元の拡充に取り組んでまいります。具体的には、総還元性向の水準として、中期的に40%台半ばを目指してまいります。

なお、2021年4月1日、株式交換を通じて株式会社関西みらいフィナンシャルグループを完全子会社化しました。これに伴う1株当たり利益(EPS)の希薄化影響を中立化すべく、2021年5月12日から6月11日にかけて、88百万株の市場買付けによる自己株式の取得を実施いたしました。

株主還元の推移

資本政策の方向性、配当情報については、以下のページをご覧ください。