スマートフォン用ページはこちら

配当情報

配当政策

当社では、優先株式の取得・消却を進め、これら優先株式に対する優先配当を普通株主に振り向けていくことで、普通株主に対する還元拡充を実現してまいりました。

2017年度においては、残る第5種優先株式1,000 億円の取得・消却を行い、普通株式のみの株主資本を実現するとともに、普通株式に対する年間配当は、1円増配し、普通株式1株当たり20 円(中間配当10 円及び期末配当10円)としました。

2018年度については、1円増配し、普通株式1株当たり21 円(中間配当10.5 円及び期末配当10.5 円)とする方針です。

今後も中期経営計画の株主還元方針に基づき、上記増配実施後の配当水準を安定配当として継続するとともに、健全性・収益性のバランスや成長投資の機会を考慮しつつ、更なる株主還元の拡充を検討してまいります。

2019年3月期中間配当

決議年月日 配当金の総額 (百万円) 1株当たり配当額 (円)
2018年11月9日
取締役会決議
普通株式 23,231 普通株式 10.5円

普通株の配当状況

一株当たりの配当額

1株当たり配当金

  年間 中間 期末 配当性向
2019年
3月期
21円
(予想)
10.5円 10.5円
(予想)
24.3%(予想)
2018年
3月期
20円
10円 10円
19.9%
2017年
3月期
19円 9.5円 9.5円 28.4%
2016年
3月期
17円 8.5円 8.5円 22.4%
2015年
3月期
17円 - 17円 18.7%
2014年
3月期
15円 - 15円 16.7%
2013年
3月期
12円 - 12円 11.4%
2012年
3月期
12円 - 12円 12.4%
2011年
3月期
12円 - 12円 16.4%
2010年
3月期
10円 - 10円 11.3%
2009年
3月期
10円 - 10円 13.1%
2008年
3月期
10円 - 10円 4.2%
2007年
3月期
10円 - 10円 1.9%
2006年
3月期
10円 - 10円 3.1%

関連リンク