スマートフォン用ページはこちら

「埼玉りそなCSR私募債~理研SDGs応援ファンド~」の寄付金贈呈式を行いました

埼玉りそな銀行は、埼玉りそな銀行ビジネスプラザさいたま(埼玉県さいたま市)にて「埼玉りそなCSR私募債~理研SDGs応援ファンド~」による寄付金の贈呈式を行いました。本ファンドはお客さまが発行する私募債の発行額の0.2%を、埼玉りそな銀行が理化学研究所へ寄付をする商品で、理化学研究所には寄付金を科学・産業イノベーションの創出活動に活用いただいております。この商品を通して埼玉りそな銀行は、資金調達のタイミングに合わせてSDGsの実現も後押ししたいというお客さまのニーズにお応えしています。

今回、約10百万円を理化学研究所へ寄付し、贈呈式では埼玉りそな銀行社長の池田より、理化学研究所の松本理事長へ寄付金目録をお渡ししました。また、理化学研究所から私募債発行企業各社に感謝状が贈られたほか、松本理事長による『科学技術と未来社会』をテーマにした特別基調講演が行われました。

なお3月5日(火)からは、新たに埼玉大学を寄付先とする「埼玉りそなCSR私募債~埼大SDGs応援ファンド~」の取扱いを開始しました。今後もSDGsの達成に向けた取り組みを行っていきます。

池田社長が松本理事長に寄付金目録を贈呈している写真

寄付金贈呈の様子(池田社長&松本理事長)