スマートフォン用ページはこちら

CSR活動報告

2018年(平成30年)

6月

地域次世代ダイバーシティ環境

「全国版CSR私募債~日本万博・SDGs応援ファンド~」による寄付金の贈呈式を開催しました

6月5日(火)、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行は、大阪府庁にて「全国版CSR私募債~日本万博・SDGs応援ファンド~」による寄付金の贈呈式を行いました。今回約4,500万円を万博誘致委員会へ寄付し、贈呈式ではりそな銀行 副社長の小坂より、万博誘致委員会の会長代行である松井大阪府知事へ寄付目録をお渡ししました。りそなグループでは、6月から新たなSDGs推進ファンドの取り扱いも開始しており、今後もSDGsの実現に向けた取り組みを行っていきます。

地域次世代ダイバーシティ環境

「全国版CSR私募債~SDGs推進ファンド~」の取り扱いを開始しました

6月1日(金)より、りそなグループの5行が共同で提供する初めての商品として、「全国版CSR私募債~SDGs推進ファンド~」の取り扱いを開始しました。お客さまが選択したSDGs推進関連団体へ、各銀行が私募債の発行額の0.1%に相当する金額を寄付することで、SDGsの実現を後押ししたいというお客さまのニーズにお応えします。私募債を発行されたお客さまには、寄付先から感謝状が贈呈されるほか、日本でSDGsの推進を管轄する外務省からも感謝状が贈呈されます。官民パートナーシップを活かし、SDGsの実現に向けた取り組みを支援していきます。

5月

地域

「農・食セミナー&展示商談会2018」を開催しました

5月23日(水)、関西みらいフィナンシャルグループ発足を記念して、関西アーバン銀行・近畿大阪銀行・みなと銀行の3行合同主催イベント「農・食セミナー&展示商談会2018」を開催しました。本イベントでは兵庫・滋賀・大阪などから地域の魅力ある食材を取り扱う農業生産者・食品製造業者などの売り手企業34社が出展し、全国の大手百貨店・コンビニなどの買い手企業等を含め合計217社352名が来場して大変賑わいました。参加したお客さまからは「新規の販路拡大に繋がる話ができました」等ご感想をいただくことができました。これからもグループのネットワークを活かし、地元地域企業のマッチング機会の提供に取り組んでいきます。

ダイバーシティ

東京レインボープライド2018に参加しました

5月6日(日)、りそなグループは、LGBT等セクシャル・マイノリティへの理解を呼びかける日本最大級のイベント「東京レインボープライド2018」のパレードに参加しました。渋谷・原宿で開催された本イベントは海外からも注目されて若い世代も多く参加しており、2日間で14万人が来場、7千人がパレードで行進をしました。りそなグループではこうした活動への参加等を通じ、LGBTの人権尊重に向けた啓発活動に取り組んでいきます。

3月

地域ダイバーシティ

平成29年度「大阪市女性活躍リーディングカンパニー市長表彰」 優秀賞を受賞しました

りそな銀行および近畿大阪銀行は、女性の活躍推進等への積極的な取り組みが評価され、「大阪市女性活躍リーディングカンパニー市長表彰」優秀賞を受賞しました。りそなグループでは、仕事と生活両立支援のための各種制度の導入や、働き方改革の促進、男性管理職の意識改革等に取り組んでいます。今後もより一層、従業員全員が生き生きと働くことのできる職場環境づくりに取り組んでまいります。

地域次世代

「大阪をもっともっと元気にしたいコンサート」を開催しました

3月7日(水)、近畿大阪銀行は、「大阪をもっともっと元気にしたいコンサート」を関西フィルハーモニー管弦楽団と共催しました。このイベントは今年で9回目を迎えるチャリティコンサートです。今年もたくさんのお客さまにお越しいただきました。大阪府立清水谷高等学校合唱部とのコラボレーションやお客さまからの懐かしの曲のリスエスト演奏コーナーなどもあり、会場は大いに盛り上がりました。当日は従業員がボランティアとして参加し、コンサートを楽しみにいらしてくださったお客さまに対して、日頃からの感謝の気持ちを伝えるように笑顔で受付や誘導を行いました。

2月

地域ダイバーシティ

「ユニバーサルマナー検定」を実施しました

2月17日、ビジネスプラザおおさかで「ユニバーサルマナー検定」を実施しました。この検定は、高齢者や障がい者、ベビーカー利用者など街でみかける多様な方へ向き合うユニバーサルマナーの実践に必要な「マインド」と「アクション」を体系的に学び、身につけるための取り組みです。りそなグループではさまざまなお客さまへ対応できるスキルを身につけるため、この取り組みに昨年から協力しており、従業員もこれまでに10名受講しています。今後もより一層の従業員への周知等行っていきます。

地域ダイバーシティ

「認知症サポーター養成講座」を開催しました

2月16日(金)・21日(水)、りそなビジネスサービス 東京相続センターは、「認知症サポーター養成講座」を開催しました。認知症サポーター養成講座は、りそなグループ全体で開催しており、従業員が認知症について正しい知識を持ち、より良いお客さま対応力を磨こうと取り組んでいるものです。受講した従業員からは、「これまでは認知症というだけで身構えてしまっていたが、正しい知識を得たことで、お客さまの気持ちに一歩近づくことが出来た。」などの感想がありました。りそなビジネスサービスでは、今年度より本講座を開催しこれまで126名が認知症サポーターとなりました。
今後も継続して開催し、認知症への理解をさらに深め、認知症の方やそのご家族に寄り添った対応力を磨いてまいります。

1月

地域次世代

高校生向けキャリアセミナーを開催しました

1月21日(日)、埼玉りそな銀行は、埼玉県教育委員会と共同で「高校生向けキャリアセミナー」を開催しました。当日は、県立高校28校91名の生徒が参加し、世界を舞台に活躍する企業の取り組みを学んだほか、りそなグループの経営陣および従業員と双方向でディスカッションを行いました。参加した高校生からは、「銀行に関することだけでなく、社会人としての考え方や、高校生のうちにするべきことが分かり、貴重な機会となりました。」との感想をいただきました。