スマートフォン用ページはこちら

CSRに関する考え方

りそなグループでは、全役員・従業員が進むべき方向、共有すべき価値観を示すものとして「りそなグループ経営理念」を定めるとともに、その基本姿勢を具体化するものとして「りそなWAY(りそなグループ行動宣言)」を定めています。
これらに基づき、りそなグループが「持続可能な社会づくり」に貢献するため、組織として「企業の社会的責任に対する取組姿勢」を明確化すべく、2011年8月に「ISO26000」が掲げる7つの課題に対応した「グループCSR方針」を定めました。
この方針に従い、毎年、グループとしてCSRに関する行動目標を設定し、進捗管理を行うことで、CSR活動の推進を図ってまいります。

CSRに関する考え方

推進体制

りそなグループは、SDGsに代表される社会的課題の解決を目指し、本業を通じて社会的責任を果たすとともに、りそなグループらしい社会貢献活動にも積極的に取り組んでいくため、りそなホールディングスの社長を委員長とする「グループSDGs推進委員会」を設置し、定期的に開催しています。

推進体制