スマートフォン用ページはこちら

CSR目標・実績

りそなグループは、ISO26000に対応した7つの課題からなる「りそなグループCSR方針」について、それぞれに関する重点項目をPDCAサイクルを回すことにより推進していくため、2011年度から毎年「りそなグループCSR目標」を定めています。
年度終了後に、目標に対する取組み実績の評価と次年度の目標策定を行い、それらの結果をホームページで開示しています。
2017年度からは、りそなグループのさらなるサステナビリティの向上に向けて、CSR目標をSDGsの観点からも検証し、CSR目標と対応するSDGsを明確にしています。

2018年度における「りそなグループCSR目標」の具体的内容は下記の通りです。

コーポレートガバナンス

ガバナンス(体制構築)

2018年度目標 対応するSDGs
  • コーポレートガバナンスの実効性向上に向け、より実効的な取締役会評価の実施と評価結果を踏まえた継続的運営方法の改善、積極的・効果的な情報開示をしていきます。
SDGs16

ガバナンス(情報開示)

2018年度目標 対応するSDGs
  • 公平かつ公正な情報開示に努め、投資家との建設的な対話を実現していきます。また、充実した財務・非財務情報の開示により、当社グループの目指す「リテールNo.1」の金融サービスグループへ向けた取り組みを様々な媒体によりご提供してまいります。
SDGs16
  • ファン株主の拡大に向け、株主との接点を拡大しコミュニケーションの場を増やしていきます。

【目標】

  • セミナー参加者 1,900名
SDGs16

リスクマネジメント

2018年度目標 対応するSDGs
  • お客さまに質の高いサービスを提供するとともに、経営の健全性の維持確保を図るため、リスク発現の未然防止に取り組みます。
SDGs16

コンプライアンス

コンプライアンスの徹底・浸透

2018年度目標 対応するSDGs
  • グループ社員一人ひとりが高い倫理観を持ち、健全な行動ができる企業風土づくりのため、研修等において具体的事例共有による継続的な意識醸成を図っていきます。
SDGs16

反社会的勢力との取引防止

2018年度目標 対応するSDGs
  • 金融犯罪の多様化等を踏まえ、反社会的勢力との取引遮断、マネー・ローンダリング防止、金融犯罪防止に向けた対策を強化していきます。
SDGs16

消費者課題/お客さまサービス

お客さまとのコミュニケーションの強化

2018年度目標 対応するSDGs
  • お客さまに「話を聞いてみたい」「また来たい」と思っていただける店頭を目指します。

【目標】

  • 外部調査業者によるCS評価の向上

SDGs8

商品・サービスの向上

2018年度目標 対応するSDGs
  • アンケートなどお客さまの声の取得・反映方法の高度化をすすめていきます。

【目標】

  • お客さまの声からの改善事案を3件以上
SDGs8
  • 経営課題解決型ビジネスマッチング・コンサルティングメニューを拡充し、多様化するお客さまのニーズに応えるための提案、サービスの創出を進めていきます。

【目標】

  • ビジネスマッチング引合件数 8,000件
SDGs8
  • お客さまの安定的な資産形成に向け各セグメントに合わせたセミナー等を通し、適切なアドバイスを実施します。

【目標】

  • お客さま向けセミナー開催回数 80回
SDGs8
  • フィデューシャリーデューティーに基づき、お客さまのライフプランに沿った質の高い運用商品、サービスを提供します。
SDGs8
  • お客さまが「いつでも」「どこでも」銀行へアクセスできるよう、りそなグループアプリの機能拡充・利用者拡大を進めていきます。
SDGs8

コミュニティ(地域)

地域経済活性化

2018年度目標 対応するSDGs
  • 地元企業の創業期をお手伝いすることにより、新たな地域文化の創生や発展、雇用の増加などの地域活性化に貢献していきます。

【目標】

  • 創業応援パック申込み件数 2,500社
SDGs8
  • 指定金融機関取引を通じ地域社会への貢献を実施していきます。また、ノウハウを生かしPPP、PFIへも積極的に取り組んでいきます。

【目標】

  • PPP貸出残高+案件ストック金額 2,003億円
SDGs11

従業員による地域ボランティア

2018年度目標 対応するSDGs
  • 広域プログラム等の積極的な社内情報発信に努め、参加者の拡大を目指します。

【目標】

  • 2018年度参加者数 10,000人
SDGs8

コミュニティ(次世代)

次世代育成

2018年度目標 対応するSDGs
  • より多くの子どもたちに学ぶ機会を提供できるよう、キッズマネーアカデミーの開催会場・回数を拡大し、参加者数の増加を図ります。

【目標】

  • 2018年度参加者数 4,500人
  • 金融経済教育の充実を目指し、中学、高校生向けに新たなカリキュラムを実施します。
SDGs4

資産・事業の承継

2018年度目標 対応するSDGs
  • 信託機能を活用し、よりお客さまの課題にあった対応を進めていくため人材育成、資料整備、情報連携等の体制を整えるとともに契約を増やします。

【目標】

承継信託

  • マイトラスト 年間 290件
  • ハートトラスト 年間 910件
  • 自社株承継信託 年間 260件

金法ビジネス

  • 自社株承継信託 新規 40件
  • 代理店契約 10件
    (自社株承継信託、iDeCo、ファンドラップ等)
SDGs8
  • お客さまの希望に合った資産承継を提案し、遺言信託受託先を増やしていきます。

【目標】

  • 遺言信託獲得件数(Gr) 2,750件
  • 遺産整理獲得件数(Gr) 970件
  • 遺言・遺産整理収益 31億
SDGs8

環境

環境ビジネスの推進

2018年度目標 対応するSDGs
  • 気候変動リスク等、現状の環境課題に注視し、環境関連融資(環境対策支援ファンド等)を推進します。

【目標】

  • 環境関連融資 1,488億円(前年比+5%)
SDGs8
  • 環境に配慮し消費性ローンのWeb金銭消費貸借契約や、保険商品のタブレット端末申込みを推進します。

【目標】

  • Web金銭消費貸借契約率 65%(前年比+2%)
  • タブレット端末契約率 95%(前年比+3%)
SDGs12

環境負荷軽減への取組み

2018年度目標 対応するSDGs
  • グループ一体で環境マネジメントに取り組みます。
  • 従業員への環境意識を啓発し環境負荷目標を実現します。

【目標】

  • CO2排出量 2009年度比9%削減
  • コピー用紙使用量 2016年度以下
SDGs12
  • 廃棄物処理拠点の拡大を図ります。

【目標】

  • 2018年度 廃棄物処理拠点数 160拠点
SDGs12

環境関連の社会貢献活動

2018年度目標 対応するSDGs
  • 清掃活動、植樹活動ボランティアの参加者を増やします。

【目標】

  • 参加者数 1,800人
SDGs12

投融資先の環境・社会への影響に対する配慮

2018年度目標 対応するSDGs
  • 「大型プロジェクト融資等における環境リスク調査手続」の徹底と社内定着化を図ります。

SDGs14

SDGs15

ダイバーシティ

ダイバーシティの推進

2018年度目標 対応するSDGs
  • 進化したダイバーシティ&インクルージョンへ取り組んでいきます。

【目標】

  • 女性ライン管理職比率 28%
  • 障がい者雇用率の更なる向上
  • 配偶者出産休暇取得率 100%
SDGs5
  • 社会課題である高齢社会に対応し、高齢者向け住宅ローンの取扱いを増やします。

【目標】

  • 実行額 20億円
SDGs8

ワークライフバランスの推進

2018年度目標 対応するSDGs
  • ワークライフバランスの更なる充実に向け、生産性向上や意識改革に取り組んでいきます。

【目標】

  • 有給休暇平均取得日数 13日
SDGs8

従業員の能力開発

2018年度目標 対応するSDGs
  • 従業員のキャリア形成を支援する各種取組の拡充を図っていきます。
  • 自宅学習システム(My Study)、自己啓発型研修(りそなビジネススクール)などを活用し、様々な働き方に対応した自律的な能力開発をサポートしていきます。

【目標】

  • りそなビジネススクールの受講者数 5,000名以上
SDGs4

人権

人権啓発、人権の尊重

2018年度目標 対応するSDGs

人権研修を更に充実させます。

  • グループ人権方針の周知・徹底
  • 効果的な部店内研修教材の提供 (障がい者の人権など)
  • ハラスメント防止研修の強化
  • 階層別研修教材の見直し(新入社員研修など)
  • イントラネット提供教材の充実
  • 採用担当者への研修の実施

【目標】

  • 従業員に対して年3回以上の人権研修受講機会を提供(eラーニングを含む)

SDGs04

SDGs05

SDGs08

SDGs10

ノーマライゼーションへの取組み

2018年度目標 対応するSDGs
  • すべてのお客さまが安心してご利用できるようサービス向上に努めます。
    (各種店舗設備の改善 等)
SDGs8

関連リンク