(4)リタイアに備えて知っトク

ベンチに座ったりそにゃのイラスト
家計管理

脱税でも、節税でもなく、
タックスマネジメントを
はじめよう

貯金箱を覗くりそにゃのイラスト

国が認めている税制優遇の制度がいくつあるか知っていますか?

たとえば、銀行の窓口で相談できるものだけでも、iDeCo(個人型確定拠出年金)、
保険控除、NISA、住宅ローン控除等たくさんあります。
しかも、この制度は、公務員、会社員、自営業はもちろん、主婦の方にも使える制度なんです。

こうした制度を組み合わせて上手に使うと、年間何万円も、税負担が軽減するケースもあります(※)。
社会人生活が40年だとするとトータルで何百万円も差がつくことになりますね。

実は、こうした制度は、最近になって導入された新しい制度も多く、まだあまり知られていません。
みんなに先駆けて、これからの社会人の常識、タックスマネジメントを始めてみませんか。
(※)各制度には一定の利用条件があります。また、お客さまの状況によって税負担軽減金額は異なります。

お気軽に窓口へご相談ください

<土日祝営業店舗>

閉じる
リスクへの備え

親が元気なうちに
相続を考える

クローバーを持つりそにゃのイラスト

我が家には相続なんか関係ない!
そんなふうに安心している人ほど、相続問題が起きてしまう可能性があります。

実際、相続に関するトラブルの7割は、相続金額が5,000万円以下のケースなんです(※)。
いわゆるアラフィフ世代になると、自分の老後を見据えながら、
親の介護や子どもの大学進学など、いろいろなイベントが重なりますよね。
相続のことまで考える余裕がないかもしれません。

ですが、そんな大変な時期だからこそ、親が万一の際にトラブルに巻き込まれたりしないよう、
準備しておく必要があるのです。家族仲良く、末永く幸せな生活を送れるように、
相続についてきちんと話をしておきましょう。相続のトラブルに遭遇した人の多くは、
親が元気なうちに話をしておくべきだったと言います。アラフィフ世代の皆さん、準備してますか。
(※)平成27年度司法統計(遺産分割調停申立件数)

閉じる
資産形成・運用

お金が入ってくる
仕組みをつくる

ペンを持つりそにゃのイラスト

公的年金の仕組みが今後どうなっていくのか不安な時代。
加えて仕事をリタイアしてからの生活も長いので、
貯蓄を取り崩していく生活スタイルでは不安ですよね。

分散投資という言葉がありますが、老後の理想は、複数の収入源を持つこと・・・いわば「分散収入」。
投資信託や株式からの配当、年金、不動産など複数の収入源があれば、安心ですね。

例えば、海外に目を向けると、リタイア後に自宅の一室を宿泊施設として貸し出して、
収入を得るスタイルが定着している国もあります。

でも、いざリタイアしてから急に上手く収入源にするのは難しいですよね。
そこで、現役時代から金融リテラシーを高め、プランを立てることが重要なんです。
たくさんの選択肢がある将来の人生設計。ひとりで考えるよりも、専門家に相談してみませんか。

閉じる

少しでも気になったアナタは、セミナー・相談会に足をお運びください。

鞄を持ったりそにゃのイメージ 最寄りの支店を探す セミナー・相談会を探す 最寄りの支店を探す セミナー・相談会を探す
pagetop
マネーの知っトク塾