(3)家庭をもったら知っトク

家庭をもった人のイラスト
家計管理

家計簿をつけるのを
挫折した皆さまへ

焦るりそにゃのイラスト

あれっ、今月も赤字ギリギリ。何か大きな買い物をした覚えはないのになあ。
・・・そんなふうに思ったら、お金の出し入れを「見える化」しませんか。
つい使いすぎたり、意識せずに出ていくお金に気づくかもしれません。

でも、いちいち家計簿を細かくつけるのは大変ですよね。
そんな方にお勧めなのが、カードとスマホアプリが連動して自動的に管理できる仕組みです。
このカードは、ATMでのお金の出し入れだけでなく、多くのお店で支払いに使えて、その場で引落し。
電子マネー感覚で使えます。
口座残高を超える支払いは出来ないので、使いすぎる心配がない、と人気です。

お金の動きは、スマホアプリに自動的に記録され、いつでも確認できます。
最新テクノロジーで、楽に、賢く、家計の管理をしましょう!

具体的な商品を知りたい

閉じる
家計管理

できる人は、
口座選びに、こだわる

ポイントを持つりそにゃのイラスト

給与振込の口座なんて、どの銀行も同じと思っていませんか?
・・・選ぶ口座ひとつで、大きな差がつくかもしれません。

たとえば「ポイントサービス」。
給与受取口座にすると、毎月ポイントをもらえる銀行があります。
このポイントは、様々な企業のポイントや航空会社のマイレージ等に交換して、
お買い物やランチ、旅行等に使えたり、キャッシュバックを受けることもできます。
給与受取りだけでなく、将来口座残高が増えたりすると、
更にポイントがたまっていく仕組みです。
取引内容によっては、ATM手数料が無料になったり、振込手数料優遇があることも。

低金利のいま、100万円預けても利息は年間でわずか100円程度。
ポイントを上手に活用すれば、ずっとおトクになりますね。長く使う口座だからこそ、しっかり選びたいものです。

具体的な商品を知りたい

閉じる
資産形成・運用

ライフスタイルから考える
人生の3大資金

財布を持つりそにゃのイラスト

人生の3大資金は「住宅資金」「教育資金」「老後資金」と言われています。
住んでいる地域や家族構成にもよりますが、
仮にそれぞれ3,000万円かかるとすると、1億円近く。
大変な額に感じますよね。

でも、これらのお金は一度に用意する必要はありません。
人生を中長期的な視点でシミュレーションすると、
収入や支出の増減、貯められる時期や金額、取り崩しが発生するタイミング等が見えてきます。
将来に向けて、準備していきましょう。

たとえば「結婚後、夫婦共働きの間に住宅資金●円を準備する」
「子どもが高校に進学する●年後から収入より出費が多くなる。今から月●円ずつ貯めよう」
「リタイア後に備えて、数十年かけてじっくり運用する商品につみたてる」等、様々な選択肢があります。

大切なことは、若いうちから将来に向けて準備すること。まさに備えあれば、憂いなしですね。

お気軽に窓口へご相談ください

<土日祝営業店舗>

閉じる
資産形成・運用

基本を知れば怖くない
「運用」の話

お金を持つりそにゃのイラスト

72の法則を知っていますか?これは投資元本を2倍にするのに何年かかるか、
72を金利で割ることで計算できるものです。

たとえば現在の普通預金金利0.01%(※1)だと、なんと、2倍になるのに7,200年かかることが分かります。
「昔は預金しておけば2倍になった」なんて聞きますが、
いまでは、到底難しそうですね。でも、仮に7.2%で運用できれば10年で2倍に。
7.2%とは言わないまでも、3%で10年運用すれば、
1.3倍になる計算(※2)です。0.01%の預金においておくのは、もったいないですよね。

運用は価格変動が不安・・・そんな方は、ドル・コスト平均法というテクニックがあります。
これは、一定額を中長期的に購入することで「安値でたくさん買って、高値では少ししか買わない」を
自動的にできるという、価格変動リスクを抑える方法です。
こうした基本をおさえると、運用のリスクもコントロールすることができますよ。
(※1)2017年10月1日現在 (※2)複利運用と仮定。また、税金等のコストは考慮しておりません。

お気軽に窓口へご相談ください

<土日祝営業店舗>

閉じる
リスクへの備え

公的年金と退職金だけで
大丈夫なの??

何かに気づいたりそにゃのイラスト

ゆとりある老後の生活に必要と言われるお金は、夫婦で月35万円。
現在の公的年金では21.8万円にしかならず足りず、
差額を自分で貯金するのは、なかなか大変です。

そこで今、国が推進しているのがiDeCo(イデコ)と呼ばれる個人型確定拠出年金(※1)。
これは、自分で自分の年金を積み立てる制度で、
掛け金の分が所得控除されることで、税負担が軽くなるのが特長です。

たとえば、年収450万円サラリーマンが、月23,000円ずつ積み立てた場合、
なんと年間55,200円(※2)も税負担が軽減しちゃいます。
将来に備えて、ただ貯めるなんてもったいない。知っている人と知らない人では大きく差がつきますね。
(※1)利用には一定の条件があります。また、原則として、60歳になるまで途中引出しができません。
(※2)お客さまの状況によって金額が異なる場合があります。

具体的な商品を知りたい

閉じる
家計管理

脱税でも、節税でもなく、
タックスマネジメントを
はじめよう

貯金箱を覗くりそにゃのイラスト

国が認めている税制優遇の制度がいくつあるか知っていますか?

たとえば、銀行の窓口で相談できるものだけでも、iDeCo(個人型確定拠出年金)、
保険控除、NISA、住宅ローン控除等たくさんあります。
しかも、この制度は、公務員、会社員、自営業はもちろん、主婦の方にも使える制度なんです。

こうした制度を組み合わせて上手に使うと、年間何万円も、税負担が軽減するケースもあります(※)。
社会人生活が40年だとするとトータルで何百万円も差がつくことになりますね。

実は、こうした制度は、最近になって導入された新しい制度も多く、まだあまり知られていません。
みんなに先駆けて、これからの社会人の常識、タックスマネジメントを始めてみませんか。
(※)各制度には一定の利用条件があります。また、お客さまの状況によって税負担軽減金額は異なります。

お気軽に窓口へご相談ください

<土日祝営業店舗>

閉じる
コンテンツは、随時追加・更新します

少しでも気になったアナタは、セミナー・相談会に足をお運びください。

鞄を持ったりそにゃのイメージ 最寄りの支店を探す セミナー・相談会を探す 最寄りの支店を探す セミナー・相談会を探す
pagetop
マネーの知っトク塾