RESONA Re:Heart

子どもたちの文化活動を応援しています 「全国特別支援学校文化祭」表彰式の運営

2017年2月11日(土)に「全国特別支援学校文化祭」表彰式を開催しました。

りそな銀行東京本社で「全国特別支援学校文化祭」表彰式を開催し、全国から選ばれた造形・美術、書道、写真の優秀賞受賞者の皆さんにお集まりいただきました。
当日は、北は北海道から南は宮崎と全国から受賞者とそのご家族や学校関係者など、130名を超える皆さんにご出席いただき、とてもあたたかい式となりました。

「全国特別支援学校文化祭」表彰式
「全国特別支援学校文化祭」表彰式

作品展示会も同時に開催!優秀作品展示会を2月4日から28日までりそな銀行東京本社にて開催しました。

文部科学大臣賞

「縄文の風」「母なる地球(ほし)に感謝!」「優しい花」

全国文化連盟会長賞

「瞬発力」 毛筆「初志を貫く」「宇宙ステーション」

りそな銀行賞

座右の銘「一歩前へ」「海の世界」「大曲の花火」「シャボン玉きれいだな」「大宮駅 Wはやぶさ」「未来へ」「くるま」「梅香る里」
作品展示会

全国特別支援学校文化祭表彰式とは?

全国の特別支援学校 幼児、児童、生徒の芸術・文化活動の充実と向上を図ることを目的として、日頃の文化活動の成果を発表する場です。
この文化祭には、各都道府県の特別支援学校文化連盟より推薦された造形・美術、書道、写真の3部門の作品が出品され、優秀賞が選出されます。

主催

全国特別支援学校長会・全国特別支援学校文化連盟

作品

出展作品は「インターネットギャラリー」にてご覧いただけます。
造形・美術、書道部門のみの掲載です。

りそなグループでは、1994年より全国特別支援学校文化連盟の活動を支援し、年に一度開催される「全国特別支援学校文化祭」において、「りそな銀行賞」を贈っています。
りそな銀行東京・大阪本社や埼玉りそな銀行では、入賞作品の展示会を開催しています。
Re:Heart倶楽部では、2013年度より表彰式の運営を担っています。

障害のある子供のためのインターネットギャラリーのホームページ画像

ボランティア活動の様子

表彰式当日は、朝から総勢47名のボランティアが参集。全国から来てくださる皆さんに表彰式をめいっぱい楽しんでもらおう!とそれぞれの持場で盛り上げました。会場までの道案内、受付、お荷物のお預かり、表彰式の司会進行など。ボランティアスタッフ一同真心こめて運営に務め、ご出席いただいた皆さんの笑顔に心が温かくなりました。

準備 表彰式会場の準備をしました。
矢印
誘導 駅のホームから会場までの道案内を行いました。
矢印
クローク・受付 荷物のお預かりや、受付で名札や手作りのお花をお渡ししました。
矢印
会場誘導 表彰式の会場までのご案内をしました
矢印
表彰式 式の司会進行や表彰状のお渡しの補助などを行いました。
矢印
交流会 受賞者の皆さんの作品を見ながら、お話を聞いたり、参加賞をお渡ししたりしました。
矢印
お見送り ロビーに“りそにゃ”が登場!握手したり、記念撮影を行いました。

当日までの準備

1月にボランティア活動の基礎知識や車イスの介助方法、手話について学び、当日の活動に備えました。

ボランティア活動の基礎と心構えについて講義を受けました。車イス使用の注意点や視線、立ち位置への心配りなど、実際に車いすにのって社内の様々な場所で確認しながら学習しました。手話で挨拶と自己紹介を学びました。
ページの先頭へ