スマートフォン用ページはこちら

「全国版CSR私募債~SDGs推進ファンド~」の取扱い開始について

2018年5月31日

株式会社 りそな銀行
株式会社 埼玉りそな銀行
株式会社 関西アーバン銀行
株式会社 近畿大阪銀行
株式会社 みなと銀行

りそなグループのりそな銀行(社長 東和浩)、埼玉りそな銀行(社長 池田一義)、関西アーバン銀行(頭取 橋本和正)、近畿大阪銀行(社長 中前公志)、みなと銀行(頭取 服部博明)は、SDGsの実現に向けた取組みへの支援を目的に、6月1日(金)より「全国版CSR私募債~SDGs推進ファンド~」の取扱いを開始いたします。なお、本商品は法人分野でグループ5行が共同で提供する初めての商品です。

私募債の引受けを通じてSDGsの実現を支援します

お客さまが選択したSDGs推進関連団体へ、各銀行が私募債の発行額の0.1%に相当する金額を寄付することで、SDGsの実現を後押ししたいというお客さまのニーズにお応えします。

SDGsにおける新たな官民パートナーシップの取組みです

私募債を発行されたお客さまには、寄付先から感謝状が贈呈されるほか、日本でSDGsの推進を管轄する外務省からも感謝状が贈呈されます。

【商品概要】

名称 全国版CSR私募債 ~SDGs推進ファンド~
お使いみち 運転資金または設備資金
発行金額 50百万円以上
発行期間 原則2年~5年(信用保証協会保証付の場合は2年~7年)
  • 各取扱銀行の発行基準に準じます
取扱総額 1,000億円
取扱期間 2018年11月発行分まで
(発行額が上限の1,000億円に達した時点で取扱いを終了します)
対象のお客さま グループ各銀行の私募債適債基準を満たすお客さま
寄付先 私募債発行企業が以下の中から選択
  • inochi学生プロジェクト(一般社団法人inochi未来プロジェクト)
  • 公益財団法人 日本ユニセフ協会
  • 一般社団法人 SDGs市民社会ネットワーク
  • 一般社団法人 アスリートソサエティ
寄付金 私募債発行金額の0.1%相当額
寄付者 私募債取扱銀行(りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西アーバン銀行、近畿大阪銀行、みなと銀行)
  • 私募債発行企業の寄付金控除対象等には該当しません

 

PDF版をダウンロードする