スマートフォン用ページはこちら

若い世代のアイデアで未来を創る「MEET UP KANSAI」の開催について

2016年12月9日

株式会社 りそな銀行
株式会社 近畿大阪銀行

りそなグループのりそな銀行(社長 東 和浩)と近畿大阪銀行(社長 中前 公志)は、若者が発想を駆使して自由に新しいビジネスを創発出来る仕組みを関西で実現することを目的としたプログラム「MEET UP KANSAI」を開催いたします。

若い世代の自由なアイデアをさまざまな課題解決に活かします

若い世代の新しい発想を地元企業や行政が抱える社会課題の解決に活かし、地元関西における新たなビジネスの創造を目指すオリジナルの体験型プログラムです。

第1回目は「世の中のみんなが使いたくなる金融サービス」

第1回目は「世の中のみんなが使いたくなる金融サービス」をテーマに、関西の大学生・大学院生が参加。FinTechに関する最新知識の習得、ビジネスをリアルに体感できるフィールドワーク、アイデアをカタチにするハッカソン・プログラム※1を通じて新しいサービスを創造・発信いたします。

  • ※1ハック(Hack)とマラソン(Marathon)を掛け合わせた造語。与えられたテーマについて、短期間で集中してサービスやアプリケーションなどを開発するプログラム。

<イベント概要>

名称 MEET UP KANSAI Vol.1
テーマ 「世の中のみんなが使いたくなる金融サービス」
主催

株式会社りそな銀行・株式会社近畿大阪銀行

協力

大阪府・株式会社FM802

開催協力

株式会社NTTデータ・株式会社オージス総研

審査員協力

株式会社NTTデータ・株式会社オージス総研・シナジーマーケティング株式会社・株式会社PAL

スケジュール

2017年1月13日(金)・14日(土)・15日(日)

インプット、フィールドワークを経てアイデアソン※2、ハッカソンを実施します

参加要件

関西の大学に通学する大学生・大学院生(金融知識等は不要)

*個人・チームいずれの参加も可

公式Webサイト

MEET UP KANSAI Vol.1(http://meetup-kansai.jp/)

  • ※2アイデア(Idea)とマラソン(Marathon)を掛け合わせた造語。特定のテーマについてグループで話し合い、新たなアイデアや課題解決方法などを短期間で創出するプログラム。
PDF版をダウンロードする