スマートフォン用ページはこちら

組織改正について

2018年1月11日

株式会社 近畿大阪銀行

株式会社近畿大阪銀行(社長 中前 公志)は、2018年1月12日(金)付で以下の通り組織改正を実施いたします。

1.「総務管財室」の新設

現在進めている経営統合におけるコスト構造改革等に係る体制強化を図るため、オペレーション改革部内に「総務管財室」を新設します。

2.「システム部」の新設

経営統合における円滑な事務システム統合等に向けた体制強化を図るため、「システム部」を新設します。これに伴い、オペレーション改革部内の「システム室」を廃止します。

3.「法人ソリューション部」の新設

法人のお客さまへのライフサイクル・ライフステージに応じた金融仲介機能のご提供を一層強化するため、営業統括部内の「ソリューション営業室」の法人のお客さまに係る機能を承継し、「法人ソリューション部」を新設します。なお、営業統括部内の「国際事業室」を「法人ソリューション部」に移管します。

4.「プライベートバンキング部」の新設

個人のお客さまの資産管理・運用や相続などに関する専門的なソリュ―ションのご提供を一層強化するため、営業統括部内の「ソリューション営業室」の個人のお客さまに係る機能を承継し、「プライベートバンキング部」を新設します。

5.「ローンビジネス部」の独立

ローンビジネスにおけるお客さまサービスの更なる向上を図るために、営業統括部内の「ローンビジネス部」を独立した部にします。

  • 近畿大阪銀行の組織図(新旧対比表)は、PDFの2ページをご覧ください。
PDF版をダウンロードする