スマートフォン用ページはこちら

「全国版CSR私募債~日本万博・SDGs応援ファンド~」の取扱い開始について

2017年12月15日

株式会社 りそな銀行
株式会社 埼玉りそな銀行
株式会社 近畿大阪銀行

りそな銀行(社長 東 和浩)、埼玉りそな銀行(社長 池田 一義)、近畿大阪銀行(社長 中前 公志)は、本日より「全国版CSR私募債~日本万博・SDGs応援ファンド~」の取扱いを開始いたします。

事業資金の調達を通じて「万博の誘致」と「SDGsの達成」を応援します!

本商品は、お客さまが発行する私募債の発行額の0.1%に相当する金額を、各銀行から万博誘致委員会ならびにSDGsの推進関連団体へ寄付を行うものです。私募債を発行されたお客さまには、寄付先等から感謝状が贈呈されます。

【商品概要】

名称 全国版CSR私募債 ~日本万博・SDGs応援ファンド~
お使いみち

運転資金または設備資金

発行金額

100百万円以上

発行期間

原則2年~5年(信用保証協会保証付の場合は2年~7年)

取扱総額

200億円

取扱期間

2018年5月発行分まで

(期間中に発行額が上限の200億円に達した時点で取扱いを終了します)

対象のお客さま

グループ各銀行の私募債適債基準を満たすお客さま

寄付先

私募債発行企業が以下の中から選択

  • 2025日本万国博覧会誘致委員会
  • inochi学生プロジェクト(事務局:一般社団法人inochi未来プロジェクト)
  • 公益財団法人 日本ユニセフ協会
  • 一般社団法人 SDGs市民社会ネットワーク
  • 一般社団法人 アスリートソサティ
寄付金 私募債発行金額の0.1%相当額
寄付者 私募債取扱銀行:りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行
(私募債発行企業の寄付金控除対象等には該当しません)

  

2025年「日本万博」と「SDGs」

  • SDGsとは、2015年9月の第70回国連総会にて採択された国際目標「持続可能な開発のための2030アジェンダ」のことです。日本は2025年万博を通してSDGsの達成のフロントランナーとなり、世界の持続的発展に貢献することを万博立候補時に表明しています。
  • りそなグループは「2025日本万国博覧会誘致委員会」のオフィシャルパートナーとして日本万博の誘致を応援しています。
PDF版をダウンロードする