スマートフォン用ページはこちら

CSR活動報告

2017年(平成29年)

2月

地域次世代

「大阪企業とのUIJターン交流Cafe in OSAKA「E」FESTIVAL」を開催しました。

2月19日(日)、りそな銀行は、若い世代のUIJターンを促し関西経済を活性化させることを目的に、大阪府と合同で、大阪の企業と大阪圏で働くことに関心のある首都圏の新卒学生をつなぐイベント「大阪企業とのUIJターン交流Cafe in OSAKA「E」FESTIVAL※」を開催しました。当日は、参加企業がプレゼンテーション形式で自社の魅力を直接学生に伝える場や、アットホームな懇親会形式で企業担当者と学生が交流できる場を提供しました。参加した学生からは、「企業の魅力や大阪で働くことの良さを発見できました。」との感想を頂きました。

  • 大阪府が関西及び九州・山口の各自治体と連携し、東京圏の人材を還流させるUIJターン促進を目的に開催する、関西と九州・山口の「しごと」の魅力を体感できるイベント。

地域ダイバーシティ

「Re:Woman's Meeting 2017」を開催しました。

2月15日(水)、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行、りそな総合研究所は、女性のキャリアアップセミナーと、女性モニターの意見を活かして中小企業の商品開発を支援するイベントを同時に実施する「Re:Woman's Meeting 2017」を開催しました。当日は、お取引先の中小企業で働く女性約200名と中小企業のお客さま17社が参加されました。参加されたお客さまからは、「女性限定のイベントは、あまり無いので大変良い機会になった。」、「たくさんの方と一度にお話が出来てとても参考になった。」とのお声を頂きました。

次世代

第14回企業フィランソロピー大賞を受賞しました。

2月14日(火)に公益社団法人・日本フィランソロピー協会の主催で「第14回企業フィランソロピー大賞」の贈呈式が開催されました。同賞は、地域社会・環境・経済といった社会課題の解決に積極的に取り組んでいる企業やプロジェクトを表彰するものです。今回、栄誉ある大賞にりそなグループの子ども向け金融経済教育「りそなキッズマネーアカデミー」が選ばれました。今回の受賞は、りそなグループの従業員と経営陣が同じ志を持ち、地域社会と一緒に次世代を担う子どもたちを育む活動を長く続けてきたことが高く評価されたものです。

地域

「農と食の展示・商談会2017」を開催しました。

2月8日(水)、埼玉りそな銀行は、「農と食の展示・商談会2017」を開催しました。このイベントは、県内で農業や食品加工業を営む皆さまと県内外の食品担当バイヤーの皆さまとの出会いの場を提供するもので、2009年より毎年開催しています。事前にフードコーディネーターの方と新しいレシピの考案や食材の利用方法等について相談できる機会を提供し、商談成約をサポートしました。当日は、約3,900人が来場し、約250件の商談が行われました。参加されたお客さまからは、「昨年も参加しましたが、今年も良いやり取りが出来てよかったです。」とのお声を頂きました。

地域次世代

埼玉県立妻沼高等学校で就職セミナーを開催しました。

2月3日(金)、埼玉りそな銀行は熊谷市と連携し、埼玉県立妻沼高等学校で1・2年生を対象とした就職セミナーを開催しました。将来の進路選択を前にした高校生に、地元に就職する魅力について地域の企業代表者が直接メッセージを発信しました。埼玉りそな銀行は、熊谷市との間で2016年8月に締結した「包括的連携協定」に基づき若者たちの地元での就職を後押しすることで、人口減少という熊谷市の課題解決をサポートしています。

1月

地域次世代

「全国特別支援学校文化祭」受賞作品展示会を開催しました。

1月31日~2月24日まで、りそな銀行東京本社1Fロビーにて「全国特別支援学校文化祭」優秀作品展示会を開催。全国から選ばれた造形美術・書道・写真の3部門あわせて53作品を展示しました。

  • りそなグループでは、1994年より全国特別支援学校文化連盟の活動を支援し、年に一度開催される「全国特別支援学校文化祭」において「りそな銀行賞」を贈っています。