スマートフォン用ページはこちら

子ども向け金融経済教育

りそなグループでは、次世代を担う子どもたちを地域社会と共に育むことは、企業の使命であると考え、銀行の持つ資産を活用した、様々な取組みを行っています。

りそなの経営環境と金融経済教育

公的資金注入後、黒字化を機に、社会に恩返ししたいという社員の声により誕生した「りそなキッズマネーアカデミー」は、従来のトップダウン型経営から、ボトムアップ型経営への転換を実現する形で誕生しました。

地域社会との連携

地域社会には、自らの力で生き抜くために必要となる、様々なリテラシーの習得に貢献する企業やNPO法人などが多数存在します。これらのリソースを立体的に提供することこそが、真の子どもたちの育成に繋がると考えます。

一方、教育界においても、実社会との連携を通じた子どもたちへの教育機会の提供は課題となっており、こうした教育界、経済界をコーディネートし、地域社会で子どもたちが立体的に学習する機会を創造することは、地域密着を掲げ、金融というプラットフォームを有する金融機関の責務であり、私たちはその責務を果たすために「キッズマネーアカデミー」を中心とした様々な取組みを行っています。

子ども向け金融経済教育
たくましい生きる力を持った次世代を支える子どもたちの育成

りそなキッズマネーアカデミー

「りそなキッズマネーアカデミー」は2005年に誕生し、3ヶ所での開催からスタートしました。「もっと多くの地域の人たちに恩返しをしたい」「もっと多くの子どもたちに伝えたい」という意見から、対象年齢や開催場所を変えて急速に拡大していきました。
2017年は13年目。開催数は230回とこれまでで最多となり、全国の各会場に計4,136人の小学生が参加してくれました。

りそなキッズマネーアカデミーの拡がり

金融経済教育の拡がり

中・高校生の職業体験や学校に出向いての出張授業、高校生向けクイズ大会「エコノミクス甲子園」、さらには家庭でも学べるサイト上でのEラーニングコンテンツの提供など、様々な年齢層の子どもたち向けに多様な金融経済教育に取組んでいます。

キッズマネーアカデミー E-ラーニング 職業体験 出張授業 エコノミクス甲子園
  小学生以下 中学生 高校生以上 内容
りそなキッズ
マネーアカデミー

銀行の本・支店において、お金の大切さや銀行の役割をゲームやクイズを交えて楽しく学ぶ。
E-ラーニング
コンテンツ

場所を選ばず学べるEラーニングをホームページに掲載。小学校低学年向けと高学年向け。
職業体験

銀行の本・支店において、お客さまへの対応等の実地体験を含む実習を行う。
出張授業

学校等へ講師を派遣。対象学年に合わせた授業を実施。
エコノミクス甲子園

高校生を対象とした金融知力を競うクイズ大会の地方大会を3拠点(東京・埼玉・大阪)で主催。

イベント開催実績

年度別イベント開催件数(単位:件)

  小学生
対象
ウチ
夏キッズ
中学生・高校生
対象
2013年度

230

174

170

56

2014年度

260

166

165

94

2015年度

269

224

221

45

2016年度

274

229

213

45

2017年度(上期)

255

231

230

24

※中学生・高校生対象にはエコノミクス甲子園を含む

参加者数(単位:人)

小学生
対象
ウチ
夏キッズ
中学生・高校生
対象
2013年度

3,443

2,894

2,669

549

2014年度

4,393

3,737

3,564

656

2015年度

4,871

4,516

4,496

355

2016年度

4,127

3,804

3,643

323

2017年度(上期)

4,222

4,136

4,136

86

※中学生・高校生対象にはエコノミクス甲子園を含む