スマートフォン用ページはこちら

りそなグループのCSR

CSRに関する考え方

CSRに関する考え方

銀行経営はCSRそのものであり、「CSR経営=持続可能な社会づくりへの貢献」と位置づけています。

経営理念、行動宣言とCSR方針の関係

経営理念、行動宣言とCSR方針の関係
りそなグループは、創造性に富んだ金融サービス企業を目指しています。

国際的なイニシアチブへの参加

国際的なイニシアチブへの参加
りそなホールディングスが国連が提唱するグローバル・コンパクトに、りそな銀行が責任投資原則(PRI)に参加しています。

日本版スチュワードシップ・コードの受入れ

日本版スチュワードシップ・コードの受入れ
りそな銀行は「責任ある機関投資家」の諸原則≪日本版スチュワードシップ・コード≫の趣旨に賛同し、信託財産の運用業務において受入れを表明しました。

CSR推進体制

CSR推進体制

CSRへの取組みの一層の強化・向上を図るため、グループCSR委員会を設置し、様々なCSR活動に積極的に取組んでいます。

CSR目標

CSR目標
「りそなグループCSR方針」について、それぞれに関する重点項目を推進していくため、新たに「りそなグループCSR目標」を定めました。

CSR実績・評価

CSR実績・評価
りそなグループCSR方針の課題項目毎にCSR目標・実績・評価を一覧にしております。

重点課題(マテリアリティ)の特定

重点課題(マテリアリティ)の特定

「地域」「次世代」「ダイバーシティ」「環境」を重点課題と捉え、積極的な取組みを行っています。