りそなキッズアカデミー

メニュー
PC版

2013年夏キッズ開催報告(かいさいほうこく)

今年で9回目をむかえた夏の子ども向けセミナー「りそなキッズマネーアカデミー2013」が開催(かいさい)されました。銀行ってどんなところ?どんな仕事をしているの?お金ってどこから来てどこへ行くの?など、疑問(ぎもん)でいっぱいの子どもたちが楽しく学べる授業カリキュラムを展開(てんかい)。また、お金の大切さに加(くわ)え、今年も「食」「こころ」「安全」など、子どもたちのたくましく生きる力を育む様々なコラボレーションプログラムも実施(じっし)しました。そんな夏キッズ開催(かいさい)の様子をご紹介します。

開催件数(かいさいけんすう)および参加人数

各銀行の支店(してん)だけでなく、公共施設(こうきょうしせつ)や小学校・大学、イベント会場など、様々な場所で開催(かいさい)されました。

開催件数(かいさいけんすう)

合計:170回
内訳(うちわけ)
  • りそな銀行:107回
  • 埼玉(さいたま)りそな銀行:16回
  • 近畿大阪(きんきおおさか)銀行:51回

※りそな銀行・近畿大阪(きんきおおさか)銀行の共催(きょうさい):4回

参加人数

合計:2,974人
内訳(うちわけ)
  • 子ども・・・2,669人
  • 保護者(ほごしゃ)・・・305人

りそなキッズマネーアカデミー2013の様子

クイズ

現在(げんざい)のお金の種類(しゅるい)や硬貨(こうか)の絵柄(えがら)やお金の役割(やくわり)についてクイズで考え、学びました。

銀行の仕事

絵本や漫画(まんが)などを使用しながらお金の流れを解説(かいせつ)。銀行の仕事、役割(やくわり)についても学びました。

銀行探検(たんけん)

普段(ふだん)見られない銀行の中を探検(たんけん)。貸金庫(かしきんこ)やロビー、ATMなど、じっくり見学しました。

ゲーム

社長になって会社を経営(けいえい)したり、予算内でのやりくりを考えてお買いものをしたり、ゲームを通して楽しくお金の大切さを学びました。

修了式(しゅうりょうしき)

今日学んだことを復習(ふくしゅう)して、参加者全員(ぜんいん)が修了証書(しゅうりょうしょうしょ)を受取りました。

いろいろなカリキュラムがありますね

地域(ちいき)と一緒(いっしょ)に学ぼう!~企業(きぎょう)・団体(だんたい)とのコラボ企画~

今年も地域(ちいき)の企業(きぎょう)や団体(だんたい)とのコラボレーション企画(きかく)が盛(も)りだくさん。それぞれの地域色(ちいきしょく)を生かしながら、お金の大切さと一緒に色々なことを学ぶカリキュラムを展開(てんかい)しました。その一部をご紹介(しょうかい)します。

大阪(おおさか)ガス(株)×りそな銀行・近畿大阪(きんきおおさか)銀行

生活に欠(か)かせない「お金」と「食事」の大切さについて親子で考える授業(じゅぎょう)カリキュラム『学ぼう!マネー&クッキング』も、今年で3回目を迎(むか)えました。限(かぎ)られたお金でカレーに必要(ひつよう)な材料(ざいりょう)を選び、実際(じっさい)に調理(ちょうり)することで、お金のやりくりや食事の大切さを学びました。家族が喜(よろこ)ぶカレーはできたかな?

学ぼう!マネー&クッキング 食のチカラxお金のチカラ
予算内でカレーの材料を買うのがむずかしそうですね

(株)力の源(みなもと)カンパニー×りそな銀行

今年で4年連続開催(れんぞくかいさい)となる博多(はかた)「ラーメンで有名(ゆうめい)な「一風堂(いっぷうどう)」とのコラボ企画(きかく)では、お店経営(けいえい)を学ぶとともに、ラーメンと餃子(ぎょうざ)を親子(おやこ)で一緒(いっしょ)に作りました。

埼玉(さいたま)県×埼玉(さいたま)りそな銀行

環境(かんきょう)を守ることの大切さを学び、生活排水(せいかつはいすい)を綺麗(きれい)にするために家庭でできることとして、洗剤(せんざい)いらずのアクリルたわし作りを体験(たいけん)しました。

幸福米穀(こうふくべいこく)(株)×近畿大阪(きんきおおさか)銀行

日本人の主食である「米」の授業(じゅぎょう)や工場見学を通して、ごはんを食べることの大切さを学びました。

番外編(ばんがいへん)

楽しみながらお金のこと、銀行のことを学んでもらうために様々な工夫(くふう)を凝(こ)らしている会場もたくさんあります。そんな工夫事例(くふうじれい)をいくつかご紹介(しょうかい)します。

  • 大きな紙芝居(かみしばい)と"劇(げき)"でお金の流れを解説(かいせつ)。子どもたちは笑(わら)ったり突(つ)っ込(こ)みを入れたりしながら楽しく学びました。

  • 口座開設(こうざかいせつ)によって「預金(よきん)」を疑似体験(ぎじたいけん)。さらに「貸出(かしだし)」も体験(たいけん)して、預(あず)けたお金が社会に役立つ仕組みを学びました。

  • 全国各地(ぜんこくかくち)で地域(ちいき)のゆるキャラが登場(とうじょう)!子どもたちと一緒(いっしょ)にクイズやゲームに参加した会場もありました。

  • 研修(けんしゅう)センターのバーチャル店舗(てんぽ)で、実際(じっさい)機械(きかい)を使って入出金や生体認証登録(せいたいにんしょうとうろく)などの銀行の仕事を体験(たいけん)しました。

りそなキッズマネーアカデミー2013を応援(おうえん)してくれた企業(きぎょう)の皆(みな)さま

  • 赤城乳業株式会社
  • 伊藤園
  • 不二家
  • ぼんち
  • 丸美屋食品
  • ぺんてる
  • 日能研

参加したお友だちからのアンケートより[抜粋(ばっすい)

Q参加して楽しかったですか?

参加したお友だちからのアンケート

参加したお友だちの感想

  • おもしろくて、たのしかった。(1年生)
  • お金について、よりくわしく知れたと思った。(2年生)
  • たくさんのお金のしゅるい、使い方があることがわかった。(3年生)
  • 新しい友だちができたし、お金のつかい方がわかった。(3年生)
  • ゲームをしながら勉強できて、おもしろかった。(3年生)
  • 今日見学して、銀行で働いてみたいと思いました。(4年生)
  • これから生活していく中で、いっぱいお金がかかるから生活できるかなと思った。(4年生)
  • 銀行は、お金をただ集めているだけじゃないとわかりました。(4年生)
  • 将来(しょうらい)、たくさんお金が必要(ひつよう)だとわかりました。(4年生)
  • 楽しいから、すいすい頭の中に入ってきて、お金が大切なことがわかった。(5年生)
  • 普段(ふだん)、普通(ふつう)にお金を使っていたけど、大切に使わないといけないと思いました。(5年生)
  • 今日わかったことを大人になったときに役立てたい。(5年生)
  • (かぎ)られたお金の中でやりくりするのは大変(たいへん)だということがわかった。(5年生)
  • 銀行やお金のことを楽しく学べた。今回学んだことを将来(しょうらい)に生かしたい。(6年生)
  • 通帳(つうちょう)を作っていないのにスマートフォンなどで口座(こうざ)の中身が見れると知ってすごいと思いました。(6年生)

保護者(ほごしゃ)のアンケートより[抜粋(ばっすい)

Q参加後のお子さまの反応はいかがですか?

保護者(ほごしゃ)のアンケート

保護者(ほごしゃ)の感想

  • (はじ)めての参加でしたが、社員の皆(みな)さまの温(あたた)かさが伝(つた)わる内容(ないよう)で、非常(ひじょう)に満足(まんぞく)しました。日常(にちじょう)の業務(ぎょうむ)に加(くわ)え、子どもたちが理解(りかい)しやすい内容を準備(じゅんび)いただくのは、大変(たいへん)だったと思います。いつも、なんとなく行っていた銀行が親子共に身近に感じられる機会(きかい)でした。
  • 短時間(たんじかん)で子どもが何を学んでくるかと楽しみにしていましたが、予想以上(よそういじょう)に多くの事(こと)を学んできたようでした。特(とく)にお小遣(こづか)いをもらったその日に使ってしまうような子が「これからお金は一割使ってあとは貯金(ちょきん)する」と話した時には驚(おどろ)きました。学校の先生ではない、実際(じっさい)に社会で働いている銀行員の方々からの言葉には説得力(せっとくりょく)があったようです。
  • 今あるお金を気持ちに任(まか)せて使うのではなく、計画を立てて、それをお小遣(づか)い帳に記入しながら、大切に使うようになりました。
  • 株式(かぶしき)や投資信託(とうししんたく)などを疑似体験(ぎじたいけん)として勉強できたのはわかりやすくてよかったです。昔とは違(ちが)い、商品を買うのにも、現金(げんきん)やキャッシュカード、電子マネーなど様々な支払方法(しはらいほうほう)があります。お金の管理(かんり)が難(むず)しくなっていく時代に収支(しゅうし)のバランス、お金の大切さや難(むずか)しさを考えるきっかけとなってほしいと思いました。今後も銀行だからこそできる体験(たいけん)やセミナーを開催(かいさい)してほしいと願います。
ページトップ